ボーダーコリーの無駄吠えのしつけ方はある方法を使います。

TOP > 関連ページ > 無駄吠えのしつけ方

ボーダーコリー専門ナビ

無駄吠えのしつけ方

まずは下記の動画をご覧下さい。遠藤先生が吠え叫ぶわんちゃんを、
“たったの2秒”でおりこうさんにしています。

ボーダーコリーの運動量は半端ないです

ボーダーコリーは無駄吠えをよくします。これは牧羊犬として飼われてきたためですが、ボーダーコリーをペットとして飼う以上はしっかりとしつけなければなりません。

声が大きすぎて近所から叱られてしまった、などというケースも多く、特に何かを要求しているような場合、例えばおやつの前にも1時間も吠えてしまったり、散歩の前も運動量が豊富ですからよくあることです。

また無駄吠えは無視するのが基本だとよく言われますが、大きな声で吠え続けられると無視も限界に達します。このようなケースでは獣医さんに急いで連れて行ってしまう方も多いようですが、しつけるための道具として電気ショックを与える首輪などがあります。

飼い主さんとしてはここまでするのはちょっと、と思ってしまいがちですが、やはり近所迷惑にはかないません。とてもシンプルな解決策としてよくあるのが、運動量をとにかく増やすことです。

ボーダーコリーは他の犬種に比べて運動量がとても多いので、少しの散歩では足りないケースがほとんどです。散歩でも飼い主さんと歩いて速度が遅かったりすると、不満げに見えるかもしれませんし、そんな時はもっと速度をつけたり、距離を伸ばす、ドッグランに連れて行く、公園で遊ばせるなどが必要です。

他には自転車で走らせる方も多いようです。コースがあればのことですが、距離は大分伸ばせると思います。またボーダーコリーに対して愛情不足だった、という方もいます。飼い主の言うことを聞くようにだけ気をつけているとやはり犬も愛情が足りないことを感じるものです。

しっかり愛情を持ってしつければ、ボーダーコリーも態度はがらりと変えることはよくありますし、日頃から忙しくてむやみにしかっていたことに気付かなかった、という例も多いようです。

無駄吠えしているのではなく、何かに噛み付いたりして怒ると思いますが、犬は現行犯と自覚できる時間が短いものです。何故怒られているのか分からないような状況でしかってもそれはまた勘違いです。

もしあなたが、ボーダーコリーの無駄吠えで悩んでいるのであれば、遠藤和博先生のしつけ教材を一度試してみることをお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

またあなたと同じように、ボーダーコリーの無駄吠えで悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、遠藤先生のしつけ教材を実践したところ、短期間で何でも言うことを聞くボーダーコリーにすることに成功しております。

ですのでこのしつけ教材を実践すれば、あなたの言うことを何でも聞く素直なボーダーコリーになると思いますので、しつけで悩んでいる方は今すぐ下記より詳細を確認してみてください。