ボーダーコリーの噛み癖で悩んでいる方はこのしつけ方を学んでください。

噛み癖のしつけ方

犬のしつけのうちでも危険性をしっかり管理しなければならないのが噛み癖です。

ボーダーコリーもしっかりしつけをしないと、シープドッグとして羊の足を噛んででも統率しながら生きてきたタイプですので、危険性は他の犬よりも大きいと言えます。


ですのでボーダーコリーが子犬のうちから、できるだけ早くからしつけておくことが大切です。ボーダーコリーが成犬になってからだと飼い主さんだけではなく、突然訪問者に噛んでしまったり、他人にも危険が及びます。

ボーダーコリーの場合、噛み癖がひどくて手も指なども傷だらけになってしまった、などという方もいます。またボーダーコリーは闘争心を持って噛んでいるわけでは決してありませんし、子犬のうちは興味本位で噛んだり、興奮気味になることもしばしばです。

またもちろん飼い主さんの気を引くための行為でもあります。スキンシップが足りない時にもよく噛む癖は出ますし、他には運動不足でも同様です。特にボーダーコリーは運動量が多い犬ですので、散歩を疎かにしていないかにも要注意です。

元気が良すぎる証拠だな、などと感じたら散歩を長めにしたりすればよいことですが、飼い主さんに信用が持てないような感じでむやみに噛み付くようになると、かなりやっかいな状態です。

ボーダーコリーとたくさん遊んであげることも大切ですし、始終では困りますが、メリハリをつけた生活を教えてあげるのが肝心です。

また噛むことはボーダーコリーにとって本能ですから、玩具として噛むためのものを与えることも大切ですし、噛まれると特に困るようなものは、苦味を加えるためのスプレーをかけておくのがよい方法です。

また噛まれても騒がないこと、無視することが基本です。噛めば注目されると思ってしまいますし、騒がないで冷静に対応することが一番です。

他には歯が生え変わる時期にむずがゆさを覚えて何でも噛みたくなりますので、この場合もしょうがないことです。指を噛まれたらそのまま突っ込んでしまったりすると、嫌がって噛まなくなるということもあります。

もしあなたが、ボーダーコリーの噛み癖で悩んでいるのであれば、遠藤和博先生の教材を一度試してみることをお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

またあなたと同じように、ボーダーコリーの噛み癖で悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、遠藤先生の教材を実践したところ、短期間で何でも言うことを聞くボーダーコリーにすることに成功しております。

ですのでこの教材を実践すれば、あなたの言うことを何でも聞く素直なボーダーコリーになると思いますので、しつけで悩んでいる方は今すぐ下記より詳細を確認してみてください。