ボーダーコリーのシャンプーは定期的にしてあげることが基本です。

TOP > 関連ページ > シャンプーについて

ボーダーコリー専門ナビ

シャンプーについて

ボーダーコリーはダブルコート種ですので、普段のお手入れはマメにするのが基本です。また皮膚病も気になりますから、ピンブラシを使ったりしながら、ブラッシングは毎日してあげることが必要です。

お手入れの基本はブラッシング、またシャンプーもそうです。

初心者の方はまずトリマーさんに任せてみて様子を見るのがお薦めです。あるいは毎回トリマーさんに依頼している方も多いようですが、ボーダーコリーとの信頼関係を深く築くためにも、飼い主の方がやってあげることがやはり理想です。

シャンプーではただ洗うだけではなく、肛門腺絞りをすることも基本です。犬の肛門にはニオイの強い液体をためる袋がありますので、それを絞って出してあげます。

頻度については月に1、2回程度が基本です。あるいは夏場はもっと汚れますから増やしてもかまいませんが、あまりやり過ぎると毛も肌も痛めやすくなります。

また回数も大切ですが、他にはリンスもしっかり選ぶこと、人間が使用しているような刺激の強いものもNGです。人間用のものを使用するとボーダーコリーはすぐに皮膚を傷めてしまいますので、絶対に使用しないようにしてください。

また具体的なシャンプーの仕方ですが、まずシャワーはぬるめに設定します。40度ではやはり熱いですので、34、5度程度が理想です。足、おしりと頭の遠くからかけていって、最後に目や耳にお湯が入らないように気を付けます。

また肛門腺はおしりの順番で絞ってあげるのがスムーズです。丁寧にボーダーコリーの体を洗ってあげたら、後は綺麗にすすぎます。

順番は逆にしてすすぎ残しも無いように注意しながら、さっと浴室から出てタオルで荒く水気を取り、ドライヤーで乾かしながらブラッシングをします。

このタイミングでドライヤーといっしょにブラッシングをすると、ダブルコートの毛がふわふわとしてとても手触りも気持ちよく仕上がります。

恐らくあなたの飼っているボーダーコリーも始めは水に濡れることをとても怖がると思います。浴室の音やドライヤーの音、シャワーの感覚などもごく日常的なものであることと、まずは慣れさせてあげることが大切です。

まずは飼い主さんがシャワーで頭を洗っているところを見せてあげたり、徐々に慣れさせてから始めてみてください。慣れてくればボーダーコリーの方からシャンプーをせがんでくるようになると思います。