ボーダーコリーの正しい散歩の仕方について色々とお伝えしています。

TOP > 関連ページ > 散歩の仕方について

ボーダーコリー専門ナビ

散歩の仕方について

ボーダーコリーの散歩は日に2回、また1回で約30分程度が理想的と言われています。

他の犬の場合は1回でも十分なケースがありますが、ボーダーコリーは牧畜犬ということもあり、運動量がとても多いためこの位は最低必要です。

またリードはやや短めが良いと思います。カラー、頭の裏側でつなぐようなタイプだと攻撃性があるように見えるボーダーコリーには最適です。

ボーダーコリーはとても散歩が大好きですが、出掛ける前に興奮しているような感じで吠え立てるようなケースがあります。このような場合は一度、落ち着いているところを見計らうことが大切です。

犬は飼い主の横を歩くようにすることや、リーダーとして飼い主さんが常にコースを決めること、また慣れてきたら多少ボーダーコリーのほうが先を歩く感じでもかまいません。

他には散歩中によくトイレをしたがりますが、我慢させてもしょうがありませんので、用をしっかり足させてニオイも嗅がせるようにします。

またボーダーコリーはいくら歩かせてもなかなか疲れません。これは牧畜犬であったこともあり、毎日何キロもの距離を走ることが当たり前の犬種だったからです。

特に時間が足りないような時はわざと負荷を与えるために、バックパックのような道具を背負わせるのも方法です。そのまま体力も消耗しますし、とてもいい運動になります。

ですが、ボーダーコリーによっては散歩したがらないこともあります。何らかの不安を持っていることもありますし、外界に慣れるまでにはおんぶしたりするのも方法です。

無理矢理にリードを引っ張って歩かせても効果はありませんし、やはり慣れるまでそれほど時間がかかるわけでもありません。他によくあるのがボーダーコリーは道端に落ちているものを拾い食いしてしまうことにも要注意です。

リードを持っているほうで引っ張っても間に合わない場合は急いで口から離すようにしたり、いけないことをしっかりアピールしてあげることが大切です。